FC2ブログ

120621.jpg

ペンギンセレブ8月号に『サンとウィッチ第2話』掲載されております!
大友先生の表紙が目印。どうぞよろしくです。

毎回宣伝だけなのもあれなんで過去作品の制作秘話(?)的な事でも書いてみます。
若干ですがネタバレを含んでますので注意。
・『彼女orえっち』
慣れない商業漫画で要領が得なくてプロット段階でリテイクをくらいまくり一番苦しんだ作品。
この話ができる前に別の話が3,4話程が犠牲になってます。今思えばめちゃくちゃなプロットでしたが・・・
学んだのはたった1話読み切りと言えどキャラへの愛情を疎かにしてはいけないという事。
・『ほんの出来心』
このへんでちょっとずつコツがわかってきたと思います。
・『生徒会の秘め事』
たぶん自分の中でその時の100%の力を出せた作品。(毎回出そうと思ってやってるんですが出せないもんなんです・・・)
これ描いてるときは異常な程燃えていて冗談ぬきで睡眠中も漫画の事考えてました。
・『生徒会のお遊び』
秘め事は読み切りの予定だったのですが気に入ったので続きを描く事にしました。
桃姫休刊につきセレブに変わった第1発目の作品です。
余談ですがセレブみたいな中綴じは製本方法の関係でページ制限がきびしいです。
桃姫(平綴じ)だとページ数は割と適当でOKみたいなところあったのにセレブでは僕の場合だと基本的に18P以下だと決まっています。
この縛りが結構キツイです。
・『夏の舞』
一回コテコテのネトラレを描いてやろうと思って描きました。
今となってはよくあるパターンの話ですね。
・『あそばれ』
実は第1話を描いた時点ではドラ〇もんのエロバージョンを描くつもりでした。
粟国=ドラ〇もん 篭井=の〇太 宮田=ジャ〇アンの設定で。
粟国が天才の設定だったので色んなアイテムを発明してくれる・・・みたいな。
・『憑きうらら』
直接な描写は無いですが人が死ぬ話を初めて描きました。
あんなんでも心が痛んだのを覚えています。
SF入った話のむずかしさを知りました。
・『進路を決めろ!』
4Pのエロ漫画なんて難しすぎますw
・『きゃすとあおい』
舞台の上でセックスしてるのを大勢の人に見てもらうというシチュエーションを描きたいという一点のみで連載を開始しました。
最終話の最後のコマの秘密に気付いてない方が多かったようなので単行本で少しわかりやすくしてあったり。
・『姫とボス猿』
前回の葵が流されやすいキャラすぎたので強気を堕とすパターンがやりたくて描きました。
後、教室内乱交。でももう多人数×多人数は描きたくないかも・・・作画的な意味で^^;

これ以降の作品はまだ単行本が出ていないのでまたいつか・・・
[ 2012/06/22 01:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

蛹虎次郎

Author:蛹虎次郎

カウンター